OPERA NOVELLA


ソリストオーディション


歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」

歌劇「修道女アンジェリカ」

 

名作「カヴァレリア・ルスティカーナ」の舞台への熱い想いを抱く歌手を募集、

「修道女アンジェリカ」では新しい人材を発掘、若い力を募集します!

※二本立て公演

 

公演日:202294日(日)

場所:ハーモニーホール座間・大ホール

指揮:瀬山智博 演出:古川寛泰

合唱:ハーモニーホール座間オペラワークショップ合唱団

演奏:フルオーケストラ予定

主催:(公財)座間市スポーツ・文化振興財団

 

詳しくはオーディションページへ


オペラ合唱ワークショップ


2022年9月4日(日)公演予定

・歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ

・歌劇「修道女アンジェリカ」

上記のワークショップ参加者を募集しております。詳しくは【合唱団員募集】をご覧ください。

 

ハーモニーホール座間と連携を持ってコロナ対策をいたします。練習会場の広さによって練習内容を変更したり、場所を広い小・大ホールに変えたりと対応しています。奮って御参加ください。


※終了しました

【歌劇「椿姫」公演】


〈座間市市制施行50周年記念〉

G.ヴェルディ作曲

歌劇「椿姫」

日本語字幕付きイタリア語原語上演


【日時】

2021年9月5日(日)

開演14:00 (開場13:00)

※13:30より演出家によるプレトークイベント実施


【チケット】

¥4,500円(全席指定)

(6/30発売開始)

ハーモニーホール座間 

TEL046-255-1100 

チケットぴあ

https://t.pia.jp/

(Pコード:199-529)

※発売初日一人4枚まで

※未就学児入場不可


【会場】

ハーモニーホール座間・大ホール 

最寄駅:小田急線「相武台前」より 徒歩15分 座間市役所となり


【Cast&Staff】

指揮:瀬山智博

演出:古川寛泰


ヴィオレッタ:田中絵里加

アルフレード:宮里直樹

ジェルモン:今井俊輔

フローラ:梨谷桃子

ガストーネ子爵:井出司

ドゥフォール男爵:仲田尋一

ドビニー侯爵:岡野守

医師グランヴィル:加藤宏隆

アンニーナ:渡部史子

ジュゼッペ:加護友也

使者:水島正樹

フローラの召使い:和下田大典


演奏:テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラ 

合唱:ハーモニーホール座間オペラワークショップ参加者


フラメンコ:北島フラメンコスタジオ

バンダ:よこはま水曜吹奏楽団/相模原ウィンドアンサンブル

ヴィオレッタカバー:小林瑞花

合唱指揮/副指揮:石井裕望 

音楽スタッフ:松岡なぎさ

合唱指導:古川寛泰・鈴木和音


舞台監督:德山弘毅

装置:鈴木俊朗

照明:望月太介

音響:関口嘉顕

大道具製作:東宝舞台

照明:A・S・G

音響:T・H・M

衣裳:オペラ・ノヴェッラ

ヘアメイク:メイクアップスタジオ・イマアジュ

字幕製作:古川寛泰

字幕:アルゴン社

楽譜協力:トヨタミュージックライブラリー


総合プロデューサー:星野渉 


【主催】

公益財団法人座間市スポーツ・文化振興財団


【後援】

座間市

座間市教育委員会

イタリア文化会館

NPO日本ヴェルディ協会


制作:オペラ・ノヴェッラ


新型コロナウイルスによって、世の中が様変わりしてしまいました。ですが、それは決して悪い面だけではなく、今までではあり得なかった発見や繋がりが出来たこと、私自身今からこの公演が楽しみでなりません。

 

前公演「トスカ」で好評を得た瀬山智博氏を筆頭に、国内外で活躍する、いま勢いに乗る音楽家達と共に舞台をつくられること、それぞれの知識、経験を重ね合い、ここ座間だからこそ追い求められる舞台に挑戦したいと思います。

 

そして、ヴェルディオペラにとって欠かせない存在である合唱。主催のハーモニーホール座間様の御協力の下、感染症対策の為、恵まれたことに音楽練習から小・大ホールを利用させていただいております。そして、動画配信やリモートを通し、自主練習の更なる充実など、今まででは考えられなかった新たな方法で助言できており、本番に向け、合唱団に未知数の可能性を感じております。

 

非日常が日常になりつつある今、今まで以上に"生と死"を身近に感じられるこの瞬間だからこそ、この「椿姫」を深く共感できるのだと強く思います。

 

今回の心強い仲間達と共に、作曲家ヴェルディ、台本作家ピアーヴェの意図や精神、インスピレーションを追求し現代に再現します。どうぞご期待下さい。

 

オペラ・ノヴェッラ代表

古川寛泰