歌劇「トスカ」ソリストオーディション開催!

【締め切りました】

オペラ「トスカ」ソリストオーディション開催!。

詳細はオーディションページをご覧ください。

※締切9月13日(木)必着 

 

指揮者 瀬山智博に決まりました。

~瀬山智博プロフィール~

※最新プロフィールに変更しました

 

指揮者 

瀬山 智博 TOMOHIRO SEYAMA

 

これまでにドイツのマグデブルグ歌劇場、デッサウ・アン ハルト州立歌劇場、スイスのヴィンタートゥール歌劇場などの歌劇場で指揮者を務め、オペラとシンフォニーの両分野において国際的な活動を続けている。

 

2008/2009年シーズンにドイツのアーヘン市立歌劇場のコレペティトールを務め、2009年にウィーンのシェーンブルン宮殿歌劇場でモーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」を指揮してデビュー。その後、オーストリアのブレゲンツ音楽祭、グラフェネッグ音楽祭やトリノ王立歌劇場などにおける数々のプロダクションのアシスタント指揮者を務め、2016 /2017年シーズンはマグデブルグ市立歌劇場のカペルマイスター( 専属指揮者)として活動。オッフェンバッハ「パリの生活」、ビゼー「カルメン」、ニコライ「ウィンザーの陽気な女房たち」、ロルツィング「密猟者」など多数の公演を指揮し、いずれも好評を博した。

 

3歳よりメキシコシティで音楽教育を受け始める。大阪音楽大学ピアノ科、ウィーン国立音楽大学指揮科および同大学院修了。指揮を故佐藤功太郎、湯浅勇治、小澤征爾、レオポルト・ハー ガー、ウロシュ・ラィオヴィチ、ファビオ・ルイジの各氏に師事。作曲をアクセル・ザイデルマ ン、合唱指揮をエルヴィン・オルトナーの各氏に師事。2006年イタリアのシエナ・キジアーナ音楽院でジャンルイジ・ジェルメッティ氏に師事し、オーケストラ指揮ディプロマを所得。2008年ウィーンにおいて Kammerorchester Japan(日本室内管弦楽団)を結成。これまでのコンサートでウィーン交響楽団、フォルクスオーパー、ウィーン放送交響楽団のメンバーらを同楽団に迎えた。同年、アブダビ・クラシックスの奨学金を得て、ヨルマ・パヌラ氏のマスタークラスに招待される。エミレーツ宮殿コンサートホールでシベリウスアカデミー管弦楽団を指揮した。ウィーン国立音楽大学在籍中にはウィーン楽友協会合唱団のメンバーとして研鑽を積み、同合唱団コレペ ティトールとしても活動した。

ヨーロッパではこれまでにBBC交響楽団、ウィーン室内管弦楽団、ソフィア祝祭管弦楽団、マグデブルグ管弦楽団、デッサウ・アンハルト州立管弦楽団、ムジークコレギウム・ヴィンタートゥールなどを指揮。日本国内では東京シティーフィルハーモニー管弦楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、大阪交響楽団、日本センチュリー交響楽団、京都市交響楽団、兵庫県立芸術文化センターオーケストラ、広島交響楽団、九州交響楽団など、多数のオーケストラと共演を重ねている。

シカゴのゲオルグ・ショルティ国際指揮者コンクールセミファイナリスト、ブザンソン国際指揮者コンクールファイナリスト。

 

2019年9月1日(日)

歌劇「トスカ」

にどうぞご期待ください😌

 

歌劇「トスカ」ソリストオーディション開催!

締切9/13必着 詳細はコチラ

https://www.facebook.com/events/2179221009025909/

歌劇「愛の妙薬」大盛況の中、幕を下ろしました

※ご来場有難う御座いました

座間から世界と肩を並べられるイタリアオペラを目指しております。

 

※見どころ・聴きどころは「公演案内」ページへ

 

〜奇跡が生んだ愛の物語〜

 

歌劇「愛の妙薬」

ガエターノ・ドニゼッティ作曲

日本語字幕付きイタリア語原語上演

 

日時:2018年9月2日(日)

14:00 開演(13:00開場)

※13:30より 演出家 古川寛泰のよる直前解説

 

ハーモニーホール座間・大ホール 

入場料 4,500円(全席指定)

※未就学児入場不可

 

 

指揮:粂原裕介

演出:古川寛泰

音楽アドバイザー/コレペティトール:河原義

 

〜CAST〜

アディーナ:鈴木和音

ネモリーノ:藤牧正充

ベルコーレ:月野進

ジャンネッタ:長谷川沙紀

ドゥルカマーラ:岡野守

 

演奏:テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラ

合唱:ノヴェッラ合唱団/ノヴェッラ児童合唱団 (ハーモニーホール座間オペラワークショップ参加メンバー)

 

合唱指揮:石井裕望

副指揮:鈴木恵里奈 石井裕望

 

舞台装置:鈴木俊朗

照明:稲葉直人

衣裳:小野寺佐恵

音響:関口嘉顕

舞台監督:大澤裕

演出助手:橋詰陽子

 

大道具製作/操作:東宝舞台

照明操作:A・S・G

小道具:ザ・スタッフ   

ヘアーメイク:イマアジュ(田中尚美)

字幕操作:アルゴン社

字幕作成:古川寛泰

 

制作:オペラ・ノヴェッラ

総合プロデューサー:星野渉

 

主催:公益財団法人座間市スポーツ・文化振興財団

 

 

OPERA NOVELLA オペラ・ノヴェッラへようこそ♪

OPERA NOVELLA (オペラ・ノヴェッラ) は”新しく生まれ変わったオペラ”という意味で、オペラを中心にクラシックをより身近なものにしていこうと目的をもった団体です。

 

オペラというと難しく、堅苦しいと思われがちですが、当団体はそんなイメージを少しでも無くし、オペラ発祥の地イタリアで感じた《オペラ》の素晴らしさ、感性を多くの方々に伝えたく活動しております。そんな思いから一般市民の方々を中心にオペラ合唱団員を公募し、総勢60名を超える活気と迫力のある表現豊かな合唱がとても好評を得ております。近年ではイタリア語から丁寧にアプローチすることで、プロではなくアマチュアだからこそ辿り着くことのできる"新しいカタチ"に挑戦できると信じています。

 

皆で力を合わせて一つの舞台を作り上げる事はとても大変な事ですが、やり遂げた時には言い表せない喜びが待っています。音楽は目に映りませんが、人の心を動かす大きな力があります。私にとって一番嬉しかった出来事は、最初は表情が暗く、引っ込み思案な児童合唱団の子がいたのですが、オペラに触れ、大舞台の上で歌い表現することで、その子は今までとはまるで真逆の明るい表情を見せ、またこれからもオペラに出たいと言ってくれたことです。

 

人との繋がりやコミュニケーションの希薄さが問題になっている現在、オペラ・ノヴェッラはこの舞台の力を信じ、オペラを通して"人生の素晴らしさ"を伝えられる様に突き進んで行く所存であります。

 

オペラ・ノヴェッラ 古川寛泰

Facebookページ

ほぼ毎日更新中!

NOVELLA Twitter

おぺにゃん  Twitter